かじや知宏 ご挨拶


私が政治の道を志したきっかけは、人口減少・少子高齢化に伴う財政状況の悪化や将来の社会保障制度への危機感、またこの危機的状況を放置している既存の政治への不信感、そして次世代に対する責任感からでした。

 

国と地方自治体を取り巻く状況が今後一層厳しくなっていく中、自治体の大きな課題は、人口減少・少子高齢化による『社会構造』の大きな変化に対応していくことです。

 

政治家の役割は、地域の身近な問題を解決していくこともありますが、中長期的な課題の解決に取り組むことも大きな役割です。厳しい時代にあっても、何とか課題を克服し、次の世代に対して『未来に希望の持てる』社会をつくっていくことが私たち世代の責任と考えます。今こそ抵抗を恐れず、覚悟を持って改革に取り組まなければなりません。

  

高度経済成長時代の古い政治・行政の仕組みを改革し、人口減少社会に対応した新たな仕組みへの大きな転換が必要です。行政が果たさなければならない役割を再定義し、支援を必要とされている方々への福祉・医療などのサポートや、災害や犯罪から市民の生命・財産を守るなどのセーフティネットについては、行政の役割としてしっかりと守っていく一方で、民間に任せられることは民間の力を活用しながら、地域コミュニティやNPO、事業者などとの協働によるまちづくりに取り組んでいきます。

 

また、次世代を担う子どもたちへの投資が重要であり、どのような家庭環境にあっても、教育や子育ての機会に格差が出ることのないよう、公教育、子育て支援の質の向上をはじめ、保護者負担の軽減を実現させるなど、「未来に希望の持てる枚方」をつくっていきます。

 大阪維新の会枚方市支部政務調査会長

枚方市議会議員  かじや 知宏


ブログ


「市長等の給与に関する特別措置条例の制定について」質疑
枚方市議会では、9月定例月議会の真っ最中ですが、10月7日、8日に市長の所信表明に対する各派代表質問、9日に「市長等の給与に関する特別措置条例の制定」をはじめ、「枚方市基金条例の一部改正」など、提出議案についての審議がありました(※下記画像の議決結果一覧を参照)。これから、18日の本会議をはさみ、21日から決算特別委員会で、平成30年度各会計決算に対する質疑がはじまります。大阪維新の会枚方市議会議員団からは、妹尾議員、泉議員、門川議員が委員として質疑に立ちます。現在、控室では..
>> 続きを読む

9月定例月議会がはじまりました
9月30日から9月定例月議会が始まっています(期間は11月5日までの37日間)。初日の本会議では、2期目の当選を果たした伏見市長が今後4年間の市政運営についての所信表明を行い、その後、平成30年度の各会計決算等が上程され、決算特別委員会に付託されることとなりました(決算特別委員会は、10月21日、24日、25日、28日、29日の5日間)。所信表明に対する各派代表質問は、来週7日、8日の2日間にわたって行われます。私たち大阪維新の会枚方市議会議員団からは、会派代表の岩本議員が質..
>> 続きを読む

来週から9月定例月議会がはじまります
本日、議会運営委員会が開催され、9月定例月議会の審議日程が決まりました。期間は9月30日~11月5日の37日間で、市長の所信表明、各派代表質問、議案審議、決算特別委員会等が予定されています。主な提出議案は、各会計の平成30年度決算をはじめ、外郭団体の経営状況について、市長等の給与に関する特別措置条例の制定について、枚方市基金条例の一部改正についてなどです。議会運営委員会終了後は、9月議会に向けて会派でミーティングを行いました。会派の各議員の持ち味が発揮できるよう、しっかりと役..
>> 続きを読む


活動記録


令和元年9月定例月議会 「市長等の給与に関する特別措置条例の制定について」の質疑 (Wed, 09 Oct 2019)
>> 続きを読む

令和元年6月定例月議会 一般質問 (Tue, 25 Jun 2019)
>> 続きを読む

令和元年6月定例月議会 文教常任委員会「枚方市立図書館条例の一部改正について」「新香里ケ丘図書館に指定管理者制度を導入するのではなく、市が責任を持ち、直営で運営することを求める請願」についての質疑及び討論 (Mon, 17 Jun 2019)
>> 続きを読む


最新動画


令和元年6月定例月議会 一般質問


Twitter



Facebook